読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MBA留学記 in Paris

2016年秋からフランス・パリ近郊にあるHEC ParisのMBA Programでの日々を綴った留学記録

パリ生活のセットアップ

パリ到着後はモンパルナス駅近くのキッチン併設型のホテルに約2週間宿泊し、ここを起点にパリでの生活のセットアップを行って来ました。具体的には以下の通りです。

 

①住居探し

渡仏前にネットでいくつかの不動産会社に連絡して、こちらの条件を伝えておきました。現地到着後に、何軒かの物件の内覧を実施した上で条件の合うアパートを決定。

こちらのアパートは大雑把に2種類のタイプ(昔ながらのパリ建築と日本のマンションのような建築)があります。パリ建築の方は外観・内観共に素晴らしいのですが、天井が高かったたり、暖炉があったりと個人的に生活する上で、この環境だとちょっとリラックス出来ないと思って、一般的なマンション形式の家具付きアパートに決めました。

他の決め手としては、地下駐車場が完備されていること(パリでの駐車は結構大変)、大家さんの奥様が日本人であること(住宅で問題が発生した際に相談し易い)、バルコニーで気持ちよく読書(お酒も美味しく頂ける)が出来そうなことでしょうかね。

不動産業者と大家さんと部屋や家具等の現状確認をして賃貸契約を締結。賃貸契約は他のセットアップをする上で重要な書類の為、フランスに来たら真っ先に住居を決めることをお勧めします。7-8月はフランスはバカンス中で住居探しに苦戦すると思っていましたが、無事に決定できてほっとしています。もし事前にフランスに下見することが出来るのであれば、下見に来た上で住居を決めた方がいいかもしれません。

尚、住宅を契約する際には住宅保険に入る必要があるので、お忘れなく。僕は不動産業者から紹介頂いた保険会社にしました(日本語対応可)。支払はフランスの銀行口座からの支払か、現金の直接持ち込みと言われて、まだ銀行口座がなかったので、オフィスまで伺って、直接現金で支払いをしました。

 

②携帯電話

日本の携帯電話をSIM free対応にした上で、こちらでSIMを購入した上で携帯電話を使用しております。OrangeやSFRなどが大手ですが、僕はFreeにしました。理由としては、毎月の料金が約20ユーロと安いこと、手続きする上で英語での対応可、銀行口座も不要という点です。詳しくは以下の記事が参考になるかと思います。今のところ、使っていて、特段不便を感じておりません。

フランスで人気急上昇! 第4のキャリア『Free』のSIMを自販機で買ってみた - 週刊アスキー

 

③銀行口座開設

LCL(ル・クレディ・リヨネ)のピラミッド支店には日本人の担当者がいるので、LCLで銀行口座開設の手続きを行いました。まずはピラミッド支店に電話をかけて、銀行開設手続きをする日程を予約します。8月はパリへの渡航者が多いのか、約10日後にしか予約が取れませんでした。

必要な書類は、①パスポート、②EDFの支払明細or賃貸契約or賃料支払に係る領収書(EDFの支払明細の方がbetterとのこと)、③学校の入学許可書or滞在証明書です。

手続きそのものは30分程度で終了しました。カルトブルー(いわゆるデビットカード)と小切手は10日~2週間後に出来上がり、直接店舗で受け取りとのことです。オンラインで自分の口座も確認できます。同じ銀行間であれば振り込み手数料は無料、他行も月3回までは無料とのこと。

 

④インターネット

こちらもFreeを契約。Freeの店舗で手続きをしました。自宅にFreeのBoxが届くので、業者が接続をしてくれます。平日しかこの部分は対応できず、すでに授業が始まっていたため、 不動産屋さんに代わりに手続きをしてもらいました(別途サービス料は支払)

 

⑤車

1年間のリース契約にしました。値段としては保険込みで月6万円程。オルリー空港で車をpick up。左ハンドルやフランスの交通ルールに慣れるのに時間がかかりそう。アルコールチェックするための器具を購入して車に置いておくことが義務付けられているのが特徴的。

 

⑥電気・ガス

 電気・ガスも不動産屋に代行して手続きを行ってもらいました。こちらでの住居証明として電気・ガス会社からの領収書が結構役に立ちます(銀行や移民局での手続き等)。なので、これらの領収書を早い段階から入手できると他のセットアップの時間を短くすることができると思います。

 

⑦OFIIの手続き

日本でフランスのVISAを1年間取得しても、この段階ではあくまで仮取得となります。フランスには到着後、三カ月以内に必要書類をOFIIに提出して、OFIIからの承認を得られなければフランスから退去させられることになります。僕はパリに到着してから必要な書類(パスポートのvisaや顔写真のページのコピーやOFIIの申請書等)を提出して2週間後にOFIIから連絡がありました。OFIIのオフィスの外で1時間待ってから、メディカルチェック(簡単な健康診断、身長・体重を測ったり、レントゲンは取ります)を1.5時間受けて、晴れてパスポートにスタンプをもらいます。

 

以上、セットアップですが、一か月の間で上記のことが上手く完了することが出来てフランスの事務手続きの遅さや不透明さを考えると奇跡的だったかなと感じております。